生体肝移植の継続を求める患者支援の会の声明

生体肝移植の継続を求める患者支援の会の声明 平成27年7月1日 厚生労働省 御中 神戸市 御中 報道機関各位 特定非営利活動法人メディカルルーツ 理事長 蛭田 位行    私たちNPO法人メディカルルーツは、肝臓移植を受けた患者・家族を中心に設立したNPO法人で、肝臓移植治療を受ける患者・家族及び関係者からの相談を受け、支援する事業などをしています。  私たちは今回、神戸国際フロンティアメディカルセンター(KIFMEC)に関する日本移植学会や日本肝移植研究会の対応、神戸市のコメント、メディア各社の報道等に接し、それらが患者側の意見や感情から大きく乖離したものであることに深い悲しみと憤りを覚え、以下の通り声明を発表致します。  まず、今回生体肝移植を受け、残念ながら亡くなられた方々に対し心よりご冥福をお祈りいたします。  私たちNPO法人のメンバーには、生体肝移植を受けた後、亡くなられた方のご家族もいます。ご遺族のご心中いかばかりかとお察し申し上げます。...

Read More