移植手術を受けた患者家族向けの調理実習を行いました。

生体肝移植手術を受けた患者さんとそのご家族に向けて、調理実習を行いました。  移植手術を受けた後、患者さんは拒絶反応を防ぐために免疫抑制剤  を服用します。そのため、外部から感染しやすい状態になり、日常のふとしたことでも大事に至る可能性があります。したがって、食べ物にも注意をする必要があります。 実際に移植手術を経験された三宅ご夫妻によると、「術後三ヶ月は、加熱調理した材料を使うこと、煮沸された加熱食を取ることが必要であり、調理器具も熱湯消毒を施すことが原則です。室内の衛生面では、例えば部屋の植木を除き、空気清浄機の設置や、カビの発生を抑えるために、壁や天井の壁紙を業者に依頼して取り替えました」 そこで、術後の家庭における食事や調理の理解を深めるために、NPO法人メディカルルーツの活動の一環として、1月15日にKIFMEC病院の厚意で施設をお借りし、三宅さんご夫婦の協力で、患者家族向けに調理実習を行いました。...

Read More